記事一覧

映画「サマーウォーズ」

アイコン

多数のキャラクターが立っている見事な描き方に驚かされる。性格は似ているようで細かいところが違う。主人公達のひたむきで前向きな描写は好感がもてる。話を盛り上げる脚本と演出が見事だ。現実の世界を2Dアニメーション,虚構の世界を3Dアニメーションと言うアイディアも斬新だ。現実の世界と虚構の世界の関係も細かい事を言わなければ破綻してはいない。何しろパワーで細かい事を気にさせない。計算しつくされた伏線の回収方法も見事だ。最初から最後まで観ている人は退屈する事は無いだろう。

トラックバック一覧

コメント一覧

Content-type: text/plain