記事一覧

まだまだ敷居の高いWindows Vista 64Bit版

アイコン

そろそろ32BitOSの限界を感じている私は,とうとうWindows Vista Ultimateアップグレード版を購入した。5000円キャッシュバックの魅力に負けて購入した訳であるが,キャッシュバックの手続きの最後の方に納品書が必要な事がわかった。アマゾンの納品書を探したが既に箱ごと処分されていた。orz
気を取り直しいろいろ使ってみると,まあWindows Vista 64Bit版はMicrosoftが自信を持って販売しているだけにかなり使えるレベルである事が判る。PhotoShopCS4をインストールしてみたが,4GBのメモリー環境で有るにも関わらずアプリケーションには最大3.4GBのメモリーを割り当てられるのでPhotoShop使いには嬉しい仕様だ。ファイル読み込みの時にディスクアクセスが果てしなく続く32Bit環境に比べれば雲泥の差だ。もちろん4GBのメモリー環境ではたかが知れているが,メモリー拡張で容易く操作が早くなるのが期待できるのは嬉しい。
PhotoShopCS4は32Bit版と64Bit版の二つがインストールされるが,32Bit版をインストールしてもアプリケーションは3.2GBものメモリーを使用できるようになるのだ。64Bit版万歳!と言いたくなるところであるが,ドライバーを更新しようとちまちま操作していたのだが,EPSONのフラッドベッドスキャナーがVistaの64Bit版に対応していない事に気が付いた。(Vista32Bit版には対応しているのではあるが)丁度私がWindows2000を使い始めようと思った時とそっくりである。その時は,Windows95とNTを併用している時で必要に応じて切り替えていたため非常に面倒であった。何故NTを使っていたのかと言えば,その事既にPentiumIIIのDual Processorを使っていたからである。Windows2000は95の使用を止めようと思うほど魅力的であった。当時,問題になったのはEPSONのフラッドベッドスキャナーがWindows2000に対応していなかったのである。その時はどうしようかと思ったが,結局スキャナーを買い換えた。(痛かった)今回も買い換えなければならないのだろうか。今持っているもの(GT-7600S <-SCSI)と同等なものは既に最低スペックのもので間に合うようで一万円出せばおつりが来そうである。
現在WindowsXP Proを使っているがいっそのことそちらもVista32Bit版にアップグレードしようかと考えるが,ディスク容量を増やさないとアップグレード出来ないようである。500GB二個のMirror構成を1TB二個のMirror構成にするためには二万円くらい投資しなければならない。
テレビのキャプチャー機器(アナログ)も対応していないようであるがこれはフェードアウトか?
全くPCとはお金がかかるものである。

トラックバック一覧

コメント一覧

Content-type: text/plain