宇宙戦艦ヤマトのメカ辞典  


更新2002年01月18日 

1:宇宙戦艦ヤマト   さ:さらば宇宙戦艦ヤマト   2:宇宙戦艦ヤマト2   新:宇宙戦艦ヤマト新たなる旅立ち   永:ヤマトよ永遠に   3:宇宙戦艦ヤマトV   完:宇宙戦艦ヤマト完結編   



[あ][い][う][え][お]

[か][き][く][け][こ]

[さ][し][す][せ][そ]

[た][ち][つ][て][と]

[な][に][ぬ][ね][の]

[は][ひ][ふ][へ][ほ]

[ま][み][む][め][も]

[や]・[ ]・[ゆ]・[ ]・[よ]

[ら][り][る][れ][ろ]

[わ]・[ ]・[ ]・[ ]・[ ]



亜空間ソナー(3)
真田工場長が対次元潜航艇用にあっという間に作り上げた探査装置。亜空間に隠れた敵をソナーのように探す機械。


アステロイド・リング
真田工場長が開発した防禦兵器。主砲に装填して打ち出す。打ち出された砲弾は破裂して多数の装置を空間にばらまき小惑星に命中させる。あとは装置にエネルギーを伝達し小惑星を自在に操り,敵の砲撃からヤマトを守る。


アストロバイク(1−3)
万能工作機の機能説明のために真田工場長が作ってみせた乗り物。


アナライザー
ご存じ万能ロボット。趣味はスカートめくり,飲酒。


アリゾナ(3−12)
地球防衛軍北アメリカブロックの護衛戦艦。旧主力戦艦とヤマトを足して2で割ったようなフォルム。ヤマトのように煙突がついている。名前が悪かったのか(注)ボラー連邦にあっさりと撃沈された。
(注)第二次世界大戦の旧日本軍真珠湾攻撃でもっとも被害を被ったため,引き上げられずそのまま廃艦になった。)


安定翼
宇宙戦艦ヤマトが大気圏を航行するとき使用する格納式の翼。


アンドロイド兵(さ)
ガミラスの生き残りはデスラー総統とタラン将軍の二人であった。そのためその他の乗組員は全てアンドロイドの兵士を使っていた。しかし,コントロール装置が破壊されると制御を失うようである。


アンドロメダ(さ,2)
全長275m 全幅66.2m 排水量9万8千t 拡散波動砲2門,ショック・カノン12門(3連装4基)とヤマトを上まわる装備を誇る戦艦。さらばでは艦長が反転180度を命令してしまったので,あっけなく彗星に吸い込まれてしまった。



イーターU(さ,2)
白色彗星帝国の都市防衛用の戦闘機。


移動要塞(完)
ディンギル帝国の大型要塞。ハイパー放射ミサイル,多くの砲塔を装備。艦隊の補給にも使われる。


移民宇宙船(3)
太陽の破壊から逃れるために地球連邦政府が作り上げた大型移民船。


イメージ投影機(1−17)
バラノドンを自分のイメージどうりに合体させ,自在に操るための装置。ゲール副司令が使用した。


イメージルーム(1−19)
宇宙戦艦ヤマトの乗組員の情緒安定のために作られたホロスコープの立体映画室。


イモ虫型戦闘機(新)
暗黒星団帝国の戦闘機。ミサイル発射管二基を装備。



宇宙魚雷(1−22)
ガミラス帝国雷撃機が搭載する大型魚雷。


宇宙戦艦ヤマト
ご存じ無敵の宇宙戦艦。相手の強力な兵器も根性と真田さんの恐るべき開発力で打ち破ってしまう。


宇宙戦車(1−6)
ガミラスの戦車。ヤレタラ配下の偵察隊がタイタンで使用。古代進はこのときガミラス人と遭遇しているが,後で忘れてしまったようだ。


宇宙要塞島(1−18)
ガミラスの無人要塞。機械を継ぎ目から分解してしまう「マグネトロンウエーブ」を発し,近づく物を破壊する。やはり,真田さんの驚くべき活躍で破壊されてしまう。


運搬船(1−17)
カミラスのゲールがバラノドンを運ぶために使用した運搬船。安易なデザインが哀愁をそそる。



煙突ミサイル
旧戦艦大和の煙突部に仕込んだミサイル発射装置から発射される攻撃ミサイル。そのすさまじい威力はガルマン・ガミラスのダゴン将軍,ボラー連邦のバルコム提督(実際には提督はミサイル攻撃の前に波動カートリッジ弾にやられているが・・・)が存分に味わうことになった。


円盤形戦闘機(新)
暗黒星団帝国の戦闘機。後方に大型の砲座がある。


円盤形旗艦(3−10)
ガルマン帝国ダゴン将軍が空母機動艦隊を指揮した艦。武装はそれほどでもないが,上下円盤が分離して強力なトラクター(牽引)ビームを発射する。ダゴンはこれを使ってヤマトをブラックホールへ突き落とそうとするが,エネルギー150%充填した波動砲の命中衝撃で反対に自分達がブラックホールへ落ちてしまった。



大型空母(3)
ボラー連邦艦隊の中核をなす大型空母。空母であるが有力な砲塔を多数持ち,戦艦のような運用が可能。それ故か画面上では砲撃しかしていない。


大型長距離艦上戦略偵察機(さ,2)
デスバテーターをベースにした偵察用戦闘艇。


大型戦闘機(完)
ディンギル帝国空母,巨大戦艦に配備される大型の戦闘機。ミサイルを多数搭載。三連ガトリング砲座もある。


沖田艦(1)
地球防衛艦隊旗艦。やつらにこの艦(ふね)では勝てない。




回転ミサイル(さ,2)
白色彗星帝国の首都防衛用のミサイル。都市帝国の回転リングより射出される。


拡散波動砲(さ,2)
波動砲のエネルギーが標的の直前で分散して多数の目標を破壊する。地球防衛軍の新兵器。


拡大波動砲(完)
地球防衛軍が開発した新兵器。戦艦に装備される。


加工艦(新)
暗黒星団帝国がエネルギー採掘で使用する艦。採取した鉱物よりエネルギー物質を抽出精製し,運搬可能な状態に加工する。


ガミラス・ファイター(1−22)
ドメルがヤマトとの七色星団での決戦で呼び寄せた第一空母の艦上戦闘機。


ガミラス砲(1−16)
ガミラスがビーメラ星に貸与した旧式野砲。一撃で人を燃え上がらせる威力がある。


艦首ミサイル
宇宙戦艦ヤマトの艦首に左右三基の発射装置から放たれるミサイル。攻撃・迎撃両方に使用される。


観測宇宙船(3−10)
団船長の指揮する宇宙船。宇宙気象観測衛星を渡り歩き,データを収集する。


岩石ロケット(完)
ディンギル帝国都市衛星ウルク後方の山に多数隠された小型宇宙船。ガルマン・ガミラス艦隊の前では歯が立たなかった。



気圧変圧装置(1−24)
ガミラス本星空洞内に設置された機械。作動させることで大気の気圧差を生じさせ,気象を自在に操ることができる。


旧型円盤(完)
ディンギル帝国都市衛星ウルク後方の山に隠された旧式宇宙船。かつて前ディンギル星人が現ディンギル星人の先祖を地球の洪水から救い出した宇宙船である。
旧式デスラー艦の前でさえ歯が立たなかった。歴代の敵の親分が乗っていた宇宙船の中で最弱の艦である。


急降下爆撃機(1−22)
ドメルがヤマトとの七色星団での決戦で呼び寄せた第二空母の艦上爆撃機。


宮殿脱出カプセル(新)
イスカンダルの宮殿の最上部にある脱出用ロケット。


救命艇
ヤマトに搭載されている小型艇。負傷者の救助と輸送を行うために使用される。細部が異なるものと,全く形状が違うものとバリエーションは様々だ。


強磁性フェライトミサイル(1−23)
ガミラスがヤマトを捕獲するための強磁性物質をまき散らす為のミサイル。


巨大戦艦(新,永)
全長360m 暗黒星団帝国,黒色艦隊旗艦用の大型戦闘空母。三連装主砲二基を搭載する大型戦艦。装甲強固にしてヤマトの主砲は通じない。


巨大戦艦(完)
全長540m ディンギル帝国の大型艦。艦首4連装ガトリングインパルスキャノン,2連装巨大砲10基,大型三連装ガトリング砲1基,三連装ガトリング砲8基を装備する戦闘空母。ガトリング砲は(なぜか)全て回転しない。(−−−−>つまりガトリング砲ではない)巨大船艦ガルンボルストとも言われる。(−>シャルンホルスト:ナチス=ドイツの戦艦でビスマルクの2番艦)


巨大宙母(永)
全長480m 黒色艦隊の大型空母。中間補給基地に停泊中,ヤマト艦載機(新コスモタイガー)の攻撃で誘爆し全滅した。


巨大ミサイル(1)
ガミラス冥王星基地に配備された大型ミサイル。2回目の登場では,ヤマトの艦首ミサイルやパルスレーザーで次々撃破された。


巨大輸送艦(永)
黒色艦隊の大型輸送船。兵員,戦車,戦闘爆撃機などを大量に搭載する。



空間磁力メッキ(1−26,3)
エネルギー砲を跳ね返す防禦兵器。そもそもは反射衛星砲の反射板に使われていた。真田さんはこれを一度見ただけで同じ物を開発するが,効果にタイムリミットがあるようだ。


空母(2)
地球防衛軍の航空戦艦。主力戦艦の後部を飛行甲板(旧日本海軍の伊勢,日向のようなもの)にしてある。コスモタイガー雷撃機を多数搭載している。


空母(完)
ディンギル帝国の大型航空母艦。大型戦闘機などを一度に多数発艦させることができるように多層の飛行甲板を持つ。後方の円盤部で着艦を行いらせん状に移動しながら補給を受けて短時間で最発進できる。


駆逐型ミサイル艦(1)
ガミラス帝国のミサイル艦。デストロイヤー艦に混じって登場。完結編ではディンギル帝国の残存艦隊と交戦撃破した。


駆逐艦(さ,2)
地球防衛軍の高速艦。多数の魚雷発射管を装備している。全長112m。


駆逐艦(さ,2)
白色彗星帝国の小型艦。回転式砲塔が多数あり,機動力を生かした接近戦を得意とする。全長132m


駆逐艦(完)
地球防衛軍の最新鋭駆逐艦。全長218m。さらば時代の魚雷発射管を多数装備した攻撃駆逐艦と設計思想を異にした対空装備の大型駆逐艦でヤマトと共に戦った冥王星海戦ではヤマトに水雷艇を寄せ付けずその防空性能の高さが証明された。連装主砲1基,2段3連装対空ミサイルランチャー,魚雷発射管を備える。後部には大型の艦載機格納庫がある。


グスタフ艦(3)
惑星破壊ミサイルを搭載した大型ミサイルキャリア。武装は多くはない。


グロデーズ(永)
全長380m。黒色艦隊の最新鋭大型戦艦。艦首に主砲1門と格納式の無限β砲二門を装備。



迎撃ミサイル(永)
地球防衛軍が謎の物体(重核子爆弾)迎撃の為に使用したミサイル。弾頭部が二股になっている。重核子爆弾のシールドで跳ね返されてしまった。


ゲール艦(1−17)
ゲール副司令がバラノドン特攻隊を率いてこれに載って出撃した小型艇。


舷側ミサイル
ヤマトの両舷に8基ずつ装備した発射口より発射される迎撃攻撃両用ミサイル。



コインダー(2)
看護用ドロイド。停電の時電源装置の代わりになり便利。


工作車(1−6)
資源採掘のために真田さんさ使用した特殊車両。


高速空母(1)
ガミラスの円盤形空母。ブーメランのような戦闘機を搭載している。ガミラスミサイルを装備。(全弾命中・・・・ああ)


高速空母艦載機(1)
ガミラスの高速空母が搭載するブーメランのような戦闘機。ミサイルを多数装備している。


高速巡洋艦(1)
ガミラスの高速艦。デストロイヤー艦よりやや大型の艦艇。


高速中型空母(さ,2)
白色彗星帝国の主力空母。


高速中型雷撃艇(2)
ヤマトの装備がコンパクト化されて,空いたスペースに搭載された小型艇。宇宙魚雷を搭載している。


高速兵員輸送車(1)
10人乗りの兵員輸送車。ヤマト乗組員をヤマトまで輸送。


高速連絡艇(永)
そもそもは大統領が緊急時に避難するために使う。古代たちが勝手に使用した。


護衛艦(さ,2)
地球防衛軍の小型艦艇。主に輸送艦の護衛につく。艦首にあるのは艦首衝撃砲(確か波動砲ではなかったと思った)。全長112m。


護衛艦(新,永)
暗黒星団帝国,黒色艦隊の小型艦。全長108m。


ゴーランド連絡艇(2−10)
ゴーランドが使用した連絡艇。


小型作業艇(新)
暗黒星団帝国がエネルギー採掘で使用した作業艇。


小型ジェット(3−24)
ボラー連邦がシャルバート制圧で降下兵が使用した。


小型戦闘機(3−24)
ボラー連邦の小型艦載機。


小型戦闘機(完)
ディンギル帝国の水雷艇護衛に使用した小型艦載機。左右の可変翼で機動性に優れる。


コスモガン
地球防衛軍の使用する拳銃


コスモクリーナーD(1)
イスカンダルの技術者が何に使うために開発したか不明の放射能除去装置。


コスモクロノメーター(1)
沖田艦長が持つ懐中時計。おそらく提督クラスの軍人しか持てないのだろう。


コスモゼロ
古代の愛機。格闘能力はブラックタイガー機よりも上。ときどき加藤も別の機に乗っていたみたい?


コスモタイガーU
ブラックタイガーの運用実績を参考にして新たに開発した地球防衛軍の主力戦闘機。単座タイプ,3座タイプがある。ヤマト2では雷撃機タイプも登場。また,完結編ではカラーリングが零戦52式のようになった。


コスモ爆弾
高性能時限爆弾。両端のつまみで時間をセットする。


コスモレーダー
ヤマトのレーダー


ゴルサコフ艦(3)
ボラー連邦のゴルサコフ参謀長乗艦の巡洋戦艦。ボラー砲を装備。


ゴルバ型浮遊要塞(永)
全長1013m 自動惑星ゴルバより大型の宇宙要塞。装甲は巨大戦艦並みで弱い。



次のページに進む

ご意見等の書き込みは 掲示板に願いします。

ご意見等のメールは つんちゃんまでお願いします。
CAMERA