水冷PCのぺえじ


前のページに戻る

CPU温度はラジエターファンを停止している状態で空冷時の温度と同じくらいです。(現在作業時38℃,36℃)
気温との兼ね合いで必要に応じた個数だけのファンを作動させる予定です。
現在PCのファンは前面のファンのみを動作させております。(後部と側面は停止中)このマザーでのシステム温度はどうやら機械の後ろ側に近いところで測定しているようです。(ちょっと高めで45℃)後ろのファンを動作させるかは要検討です。

いったいどういう部品を使ったのかは こちらのページへ



PCの外観です。TWOTOPのViP6 WSS-X240Dがベースマシンです。


上部のアップです。


ラジエターのアップです。上部にファンが3個付けられる大型のものです。


内部の様子です。


ReserviorとPompの取り付け状態です。ハンドニブラで大胆にカットしました。(上から二段目のマウント用の折込部分が当たる為)


配管の様子。


CPUブロックのアップ。(2個ありますね)


チップセットの冷却ブロックのアップ。(固定が今ひとつ)


外部ラジエターと本体は弁付きのカップリングを使用


ホースの出口はPCケースの穴を使用(ホースは保護のため綿テープで巻いてあります)


壮観な眺めのラジエター(ゴム脚は近所で買ってきました)


ReserviorとPump Controller


Radiatorを上面から見たところ


Radiator Fanの駆動はこれを使用しています。PC連動タップに接続

ご意見等のメールは つんちゃんまでお願いします。
CAMERA


前のページに戻る