記事一覧

映画「おかえり、はやぶさ」

アイコン

仕事が早く終わったので,車で30分かけて3Dでの鑑賞。お客少な目。
観ていて思ったのは主人公の藤原竜也演ずる大橋と杏演ずる野村のプロジェクトでの役割が良くわからないこと。この作品の最大の弱点である。それから取って付けたような難病描写。子供がはやぶさに乗ってはしゃぐ子供も喜ばない演出などあまりにひどすぎる。私は観ていて演じている役者がかわいそうに思ってきた。成長が早い子供が最初と同じというのはコントなのだろうか。本編が終わってエンドロールになると怒りは頂点に達する。前二作はこれからの日本の宇宙開発の展望を,未来を盛り込んでおり,好感が持てるものであったがこの作品は物語上の架空の人物のどうでも良い行動をだらだらと流している。3D料金を余計に取られている分怒りは倍増だ。
以前,堤監督のはやぶさ/HAYABUSAを酷評したが,この作品を観た後では褒めたい箇所がいっぱいあることに気がつく。「はやぶさ/HAYABUSA」は良かった。堤監督ごめんなさい。

トラックバック一覧

コメント一覧

Content-type: text/plain