記事一覧

2011年に劇場で観た新作映画その4(良い映画!邦画編)

アイコン

2011年に私が劇場で観て良い映画だと私が思った映画を発表します。
とりあえず見た順番で紹介します。今度は邦画です。邦画に対しては下駄を履かせます。何かこの映画で大きく光る点があれば良しとします。

「まほろ駅前多田便利軒」
設定はどう考えても町田市なのですので,ロケも町田市です。松田龍平良いです。パンフレットが気に入りました。

「八日目の蟬」
不満な点はいっぱいありますが,日本アカデミー賞の賞を殆ど総なめしたのでご祝儀です。小池栄子胸大きいっす・・・もとい良い脇役さんです。

「冷たい熱帯魚」
園子温監督は最近の邦画界の現状を批判した発言をしていましたが,批判する資格は十分に持ち合わせています。でんでんさんの演技は最高です。日本アカデミー賞最優秀助演男優賞は私の予想通りでした。

「マイ・バック・ページ」
松山ケンイチの扮する過激派もどきのいんちきさがすばらしいです。忽那汐里を最近良く目にしますが,美少女振りがとても良いです。

「阪急電車 片道15分の奇跡」
こんなのありえないという内容ですが,ファンタジータッチでよくまとめていました。登場人物良かったです。

「大鹿村騒動記」
何か知らないけどものすごい勢いを感じる作品です。(三ヶ月で撮影したとか)原田芳雄さんの遺作です。いい爺さん役です。日本アカデミー賞最優秀主演男優賞おめでとうございました。岸部一徳さんのいんちきさ最高です。

「劇場版 仮面ライダーオーズ WONDERFUL 将軍と21のコアメダル」
勧善懲悪時代劇と特撮ヒーロー物との親和性は抜群です。暴れん坊将軍のテーマが流れるのに興奮してしまいました。

「探偵はBARにいる」
こういうシリーズ化も良いかもしれません。大泉洋のいんちきさと松田龍平の飄々さが良かったです。

「七つまでは神のうち」
お金をかけなくてもこれ程の映画が撮れるんだなあと思わせる作品です。最後の人でなしさが作家性を表しています。

「一命」
人気が無かった「一命」ですが,私は大好きです。三池崇史監督は時代劇の面白さを伝えてくれます。(忍たま乱太郎は除く)

「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」
前作の「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」より面白かったです。プライドの塊だった主人公が最後に見せるものが最上の一品でした。あのラストランは何だったのだろうという意見もありますが,あれでおしまいならお涙頂戴邦画に一本に過ぎなくなってしまいます。
富山の田園風景がすばらしかったです。

「friends もののけ島のナキ」
原作が現在在住の山形県出身者なので挙げました。

「仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦 MEGA MAX」
テレビでぜんぜん観ていない仮面ライダーですが劇場版だけでも面白いです。

「冷たい熱帯魚」,「一命」は今年の邦画を代表する佳作だと思います。低予算で作り上げた「七つまでは神のうち」も努力賞です。
お情けで「friends もののけ島のナキ」を良い作品に挙げてしまいましたが,邦画のアニメーションはかなり水準が低い作品ばかりでした。

トラックバック一覧

コメント一覧

Content-type: text/plain