記事一覧

時代劇部門

アイコン

「花のあと」「座頭市 THE LAST」「必死剣 鳥刺し」「十三人の刺客」「大奥」「雷桜」「武士の家計簿」

「花のあと」は北川景子の棒読みっぷりが気になった。「座頭市 THE LAST」は開始から終了まで口あんぐり状態だった。「雷桜」は現代風時代劇の滑稽な部分が出ていた。「大奥」は?。「必死剣 鳥刺し」は姪との関係が残念だった。「武士の家計簿」は人によっては物語が単調に映るかもしれない。「十三人の刺客」は牛のCGが残念だった。

「武士の家計簿」は小さな事実を積み重ね物語り全体の説得力を積み重ねてなかなか良いできであった。森田芳光監督は最近変な映画ばかり撮っていたが久しぶりに良い映画を作り出したように思える。
「十三人の刺客」は殆ど文句無しのエンターテイメント時代劇だった。戦いの前の“みなごろし”のシーンは忘れられない。とても「座頭市 THE LAST」と同じところでロケをしていたと思えない。
「座頭市 THE LAST」は酷すぎるにも程が無かった。

「十三人の刺客」圧勝。

トラックバック一覧

コメント一覧

Content-type: text/plain