記事一覧

映画「仮面ライダー×仮面ライダー W(ダブル)&ディケイド MOVIE大戦2010」

アイコン

去年の作品の中で私の住んでいるところの上映作品の積み残しがこの作品である。
去年の作品と言う事で鑑賞した。その結果は予想を遥かに越えるひどい作品であった。去年の批評では「スノープリンス」を12月12日公開の最低と言ったが,訂正したい。
映画は子供が飽きないような三部構成となっており,ディケイドの最終回,仮面ライダー Wの誕生秘話,両ライダー協力の下強力なボスキャラを倒すと言う構成になっているが,まあまともなのは第二部でまともに見れたものではなかった。いったいディケイドは何がやりたいのだろうか,いや,それどころか周囲の登場人物全ての行動原理がわけがわからない状態だ。大ショッカー改めスーパーショッカーと言われてもオールドファンから共感が得られる組織ではない。(しょぼすぎる)
内容もとても子供が喜ぶとは思えないし,ましてや大人の鑑賞に堪える作品ではない。いったい誰に向かって作品を作っているのかわからない作品である。

トラックバック一覧

コメント一覧

Content-type: text/plain