記事一覧

2009年映画を振り返る(ベストテン及び次点の作品)

アイコン

2009年は割りと良い映画が多かったように思える。洋画を中心にバラエティーに富んだ良い作品を観る事ができた。
私の2009年映画ベストテンは以下の通りだ。

一位「グラン・トリノ」
   ・文句無しの今年のベスト。
   ・男泣き作品一位。
二位「レスラー」
   ・男泣き作品二位。
三位「スラムドッグ$ミリオネア」
   ・すばらしいエスニックショック。毛色の違う映画だ。
四位「3時10分、決断のとき」
   ・男泣き作品三位。
五位「チェンジリング」
   ・サスペンスの迫力と迫真の演技。
六位「イングロリアス・バスターズ」
   ・映画常識を破った快挙だ。
   ・神業の一章だ。
七位「私の中のあなた」
   ・これこそ家族愛。すばらしい出来だ。
八位「ディア・ドクター」
   ・日本映画出色の出来だ。
九位「空気人形」
   ・問題作。評価が分かれているようだが私は良しとした。
十位「エスター」
   ・意外な展開にびっくりした。

優秀作品(次点)
「扉をたたく人」
「マイマイ新子と千年の魔法」
「カールじいさんの空飛ぶ家」
「縞模様のパジャマの少年」
「ダイアナの選択」
「サマーウォーズ」
「ボルト」
「南極料理人」
「路上のソリスト」
「ハゲタカ」
「愛を読むひと」
「重力ピエロ」
「スター・トレック」

トラックバック一覧

コメント一覧

Content-type: text/plain