記事一覧

映画「アバター」

アイコン

3Dの圧倒的映像で観ている人をぐいぐい引っ張る映画。
しかしながら,私はそれ程引っ張られなかった。前半は時よりすごい映像はあるが少々退屈に思えた。(最初の一時間半はつらかった)
しかし,終盤にかけてはかなり興奮してみることができた。残念なのは物語の進行が観客の考える範囲の事しか起きない事だ。これ程先が読める作品は最近あまり無い。
いろいろと文句は言いたいが,エンターテイメントのチャレンジ精神は旺盛な作品なのである程度の満足は得られるだろう。
スクリーン中央の前の席で観よう。

トラックバック一覧

コメント一覧

Content-type: text/plain