記事一覧

映画「よなよなペンギン」

アイコン

監督はアニメの大御所りんたろう氏で製作はマッドハウス。こう聞くと期待して観に行くのも人情だろう。しかし,映画を観賞したところ,期待を裏切られた非常に残念な結果になった。
小さい子供の親子連れでこの映画に行った場合,親御さんは相当退屈すること間違いなしだ。何故なら大人が鑑賞に堪えるほどの物語が無いのだ。
大人は着ぐるみを着た可愛らしい少女の盛り上がりの無い無国籍のファンタジーに付き合わされることになる。他の3Dキャラクターのアニメーションに比べて決定的に物語がつまらない。
主人公の少女の行動に説得力が乏しく,敵役もしかりである。唯一敵方の一人だけがキャラが立っていたのがせめてもの救いである。
往年のりんたろう氏のパフォーマンスからは考えられない作品になってしまっている。この作品は小学生同士のお友達で連れ合って観賞しよう。

トラックバック一覧

コメント一覧

Content-type: text/plain