記事一覧

映画「ティンカー・ベルと月の石」

アイコン

前作「ティンカー・ベル」と同様に製作総指揮をジョン・ラセターが執っている。従って,観る前からある程度物語の骨格は良く出来たものであると言う期待は持てる作品だ。
物語の始めと終わりでは何かしら主要キャラクターの成長があるところがライトな冒険劇の作りである「ONE PIECE FILM STRONG WORLD」とは違う。というよりは「ティンカー・ベル」シリーズ自体が映画の王道の作りになっている。従って伏線の張り方と回収はきちんと行われ映画ファンが観ても最低限の満足は保障される。
以前のディズニー映画だとお約束の完全調和のハッピーエンドとは少々違い,ハッピーエンドではあるが,製作者の悪意に満ちた演出がちりばめられている。それは小さな子供と一緒に言った保護者の方々がこの作品を鑑賞するに値する作品であると感じる事で達成できているのではないかと思う。
しかし,最近の日本の子供達はこういった内容的に良質な映画には食いついて来ないのも現実かもしれない。

トラックバック一覧

コメント一覧

Content-type: text/plain