記事一覧

映画「曲がれ!スプーン」

アイコン

出演している映画がことごとくひどい出来で,長澤まさみは出る映画が駄作というイメージが定着してしまっているような気がする。私のそれらの評価はやはり“群青のマリアナ海溝”状態だ。そんな長澤まさみの次なる主演映画は「曲がれ!スプーン」。監督 本広克行 ,製作 亀山千広と聞いただけでげっそりする布陣で製作された映画はやはり期待に違わないひどい出来である。映画は確かに時々くすっと笑わせる部分は確かにある。しかし,それに騙される私ではない。特に長澤まさみのシーンのテンポが異様に悪く,監督は長澤まさみに恨みでもあるのではないかと思った。しかも,長澤まさみの演技が異様にひどすぎる。やる気がないとしか思えない。長澤まさみの頂点は「ロボコン」だという噂があるが,これではこの噂が事実であると思わざるを得ない。本広克行 は「踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」「UDON」「少林少女」と駄作を連発している。私個人としては正気の沙汰と思えない。やはりと言えば長澤まさみの胸に関して物語でちょっと触れているが,監督の悪趣味としか言いようが無い。胸と言えば,出ている映画の面白さでは綾瀬はるかの方が一歩リードしている。観ても構わないが招待券を使った方が良いとお勧めするが,鑑賞に費やした時間の保証はしない。
長澤まさみのパフォーマンスはこの程度ではないと私は信じているのだが・・・・。(出演作品選べ,もっと冒険しろ)
責任者:本広克行,亀山千広,長澤まさみ

トラックバック一覧

コメント一覧

Content-type: text/plain