記事一覧

映画「ATOM」

アイコン

吹き替え版の鑑賞だが,字幕版を観たかった。アメリカのアニメは声優陣にも手は抜いていない。
ただし,香港製の3DCGは見慣れたアメリカ製のものと比べるとクオリティーは低い。
物語は原作の冒頭部のアトム誕生をもとに再構成している。ただし,アメリカンテーストのお話なので若干原作漫画と趣は異なる。
しかし,昔の悪い敵を倒せというアニメーションよりは,かなり原作寄りの話となっているが,この映画のアトムの精神年齢は原作より高めに設定されているようで悩み方や悟り方が大人びている。
世界観も原作の昔の人がイメージした未来都市よりは現在の人間がイメージする未来都市にうまく変更されている。
それを舞台にして物語が進行していく。観ている人を引き込んでくれるほぼ及第点の脚本は飽きさせる事もあるまい。
傑作とは言いがたいが見て損はなかろう作品だ。

トラックバック一覧

コメント一覧

Content-type: text/plain