記事一覧

映画「ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~」

アイコン

学生の頃,読書感想文を書くためにいやいや太宰治の作品を呼んだがことごとく自分に合わなかった。主人公(男)の行動に嫌悪を感じるからである。「ヴィヨンの妻」も例外ではない。
映画は私に作品の嫌悪感を呼び起こすに十分な描き方である。妻の佐知(松たか子)の魅力は引き立っているがちょっと演技に制限がかかったのか少し残念であった。

余談であるが,広末涼子はしゃべらなければ演技は良いと思う。

トラックバック一覧

コメント一覧

Content-type: text/plain