記事一覧

映画「南極料理人」

アイコン

昭和基地ではないほんの小さな基地“ふじ基地”で食を中心にして面白おかしく描いたコメディー風ドラマだ。
一言,面白い。任務の他,ろくに娯楽が無い所では,後は食うしか楽しみが無い。料理人としての悲哀が良く描かれている。隊員の作った出来の悪いから揚げを食べて妻の料理を思い出し泣き出す主人公が良い。(他の隊員が何故泣き出したかわからないところが良い)
あくまでも食事を通じて他の隊員達の関係を不足無く描いているのも好感が持てる。
とてもお勧めの一本だ。

トラックバック一覧

コメント一覧

Content-type: text/plain