記事一覧

映画「サブウェイ123 激突」

アイコン

何が激突か良くわからなかったが日本語のタイトルなんてそんなものだ。以前の映画「サブウェイ・パニック」リメイクだ。
今回,地下鉄ジャックの主犯格にジョン・トラボルタ。最近ではボルトの声を当てている。クールで熱くて冷静で狂った乗っ取り犯を好演している。対するのはいろいろいわく付の運行管理者に扮するのはウォルター・ガーバー。単なる運行管理者が犯人グループとの交渉人になってしまう。話が進む上で犯人グループのリーダーが狙う真の目的がだんだん明らかになってくる。その割には身代金一千万ドルの分け前分を運んでいるなんてなかなかお茶目だ。短い時間でまとめられた手に汗かくアクションは観る人にある種の興奮を覚えさせるであろう。

トラックバック一覧

コメント一覧

Content-type: text/plain