記事一覧

映画「ある公爵夫人の生涯」

アイコン

実話を元にした映画で18世紀のイギリス公爵家のお話である。スペンサー家の令嬢ジョージアナがデヴォンジャー公爵婦人となる。言ってみれば夫の浮気に悩まされ自分も浮気してしまう話であるが,衣装や背景の豪華さで全て重厚な話になってしまうのはすごい事だ。デヴォンジャー公爵婦人のまさにはまり役といえるのがキーラ・ナイトレイだ。こういうきりっとした雰囲気はなかなか良い。悲劇的なあらわし方であったかといえばそうでもなく無難な結末を迎える。人同士の妥協と事なかれ主義により最後はある程度のバランス感覚が働くのだという事だろう。公爵婦人の浮気相手チャールズ・グレイ(ドミニク・クーパー)も最後は英国首相でしかも紅茶の銘柄になった人と言うのもゴージャスだなあと思う。レイフ・ファインズが演ずる公爵役が最後の方でちらりとジョージアナに本音を言うシーンがなかなか良い。公爵に反感を持った観客も少しは納得するだろう。悪くない演出だった。

トラックバック一覧

コメント一覧

Content-type: text/plain