記事一覧

映画「お買いもの中毒な私!」

アイコン

この映画は女性が好む映画だと思われる。映画が終わり,明るくなると回りは男性の影が無く女性ばかりでちょっとびっくりした。
物語は多少強引な物語やありえない展開でも見せ方によって結構面白く見ることが出来る。この作品は華々しいブランド物の登場,それを買い捲るどこか憎めない主人公,効果的なBGMの使用だと思う。
買い物中毒の主人公が借金取り立てから逃げ回り自分の現状とかけ離れた職場で起こす喜劇物である。
キーワードは“緑のスカーフ”。これがこの物語で重要なアイテムとなっている。
エンドロールの最初のほうで主人公がひどい目にあったライバルに痛烈な報復をしているシーンが流れる。
主人公の相手役は綺麗なクイーンズイングリッシュを話しているので良く聞いてみると良い。あと,主人公の“レベッカ”は“ベック”,“ベックス”とか“ベッキー”と呼ばれている。日本のTVパーソナリティー(注:日本ではテレビタレントと呼ぶ)であるベッキーの本来の名前がレベッカであるというのが良くわかる。

トラックバック一覧

コメント一覧

Content-type: text/plain