記事一覧

映画「天使と悪魔」

アイコン

前作?の「ダ・ヴィンチ・コード」は観客を置き去りにしたがっかり映画であったが,今回は前回の教訓が生かされた面白い映画になっている。
何しろテンポが良い。主人公のラングドン教授があっという間に謎を解いて次に進んでしまうのだから。しかし,ラングドン教授の天才的な解釈でも犯行のテンポには一歩及ばないのであるが。
細かい事を言えばいろいろと不満はあるが,お金を払って映画館でこれを観ても損はしないはずだ。
まるで,バチカンの内外を実際に撮影したような風景はそれだけで秀逸だ。
前作はキリスト教側の反発を招きかねない内容であったが今回はカトリックの尊厳に敬意を表しているかなと個人的には「思っている。カトリック信者でなくても『父と子と聖霊の御名において』と十字をきりたくなるような映画だ。

トラックバック一覧

コメント一覧

Content-type: text/plain