記事一覧

映画「はやぶさ 遥かなる帰還」

アイコン

去年の「はやぶさ/HAYABUSA」に続くドラマ版第二段。「はやぶさ/HAYABUSA」がテレビ的演出によって多くの人を捕らえたのに対して映画好きはおそらく「はやぶさ 遥かなる帰還」の方が好みじゃないかと思える。「はやぶさ/HAYABUSA」で竹内結子演ずる架空のキャラクターのステレオタイプさがものすご~~~く鼻に突く上,堤幸彦のテレビ的演出のおかげで映画自体に乗れなかった。今回は観客に見せるという意味ではぐっと映画寄りの演出になっている。何と言っても渡辺謙,江口洋介,今回も甲高い吉岡秀隆,山﨑努の中心人物が良い。夏川結衣演じた記者のような外部の人間が泣いているところはいささかやりすぎ感はあった。関係ない人にそれなりの音楽にのせてそれらしい演技をさせて感動させるのはいかがなものだろうか。
山﨑努に物を食べさせるシーンを入れるとは監督は良くわかっていると思った。

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tsunchan.com/tsun_blog/tsun_blog-tb.cgi/567

トラックバック一覧

Content-type: text/plain