記事一覧

映画「テイルズ オブ ヴェスペリア ~The First Strike~」

アイコン

一言,話が良くわからない,消化不良を起こすダメ作品だった。
まず,脚本が悪い。主人公,二人がどういうキャラクターで二人の間に何があったか良くわからなかった。終盤に向けて少しづと語られてはいるが私のような一見さんには説明不足に感じる。物語中盤の冗長な部分を削ってでも描いて欲しかった。金髪の少年が帝国本部(変な表現?)に増援を頼んだが即時増援は断られてしまったという事を帰って早く報告すべきところを(私にとって)正体不明のピンクの髪の女の子とのんきに話をしているなんて正気の沙汰ではない,一刻を争う時なのではないだろうか。この辺は,何やってるんだろうと思いながらものすご~く眠くなった。隣のおっさんは序盤ポップコーンをむさぼり食いしていたのに静かになっているなと
思ったら寝ていた。気持ちは痛いほどわかりる。結局,ピンクの髪の女の子は結局この物語には全然関係なかった。orz
遺跡のシーンも迫力不足,なんだかだらだら全員突撃で退屈だった。隊長以外,キャラクターにあまり魅力を感じなかった。何で登場する若者騎士はベテラン騎士に比べ背があんなに低いのが不思議に思う。
責任者:監督,脚本,演出

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tsunchan.com/tsun_blog/tsun_blog-tb.cgi/488

トラックバック一覧

Content-type: text/plain