記事一覧

映画「TAJOMARU」

アイコン

小栗旬の映画であり,小栗旬以外のファンが観てもあまり見る所がないかも。かといって映画としてどうしようもない映画じゃないところがもどかしい。まじめに作ろうとしているのはわかるが脚本が悪い。小栗旬演ずる畠山直光の行動が突然以前の行動と整合性が無くなったり,突然わけのわからない行動に出たりする。人によって事実への見方がかわるという原作の妙を伝えようとしたのだろうが“妙”な作品になってしまった。松方弘樹の旧多襄丸は大変味があった。途中で退場したのが残念だった。
とりあえず,私のように二時間は退屈しないで見ることが出来る人にはお勧めの映画である。

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tsunchan.com/tsun_blog/tsun_blog-tb.cgi/452

トラックバック一覧

Content-type: text/plain