記事一覧

映画「キラー・ヴァージンロード」

アイコン

俳優の岸谷五朗の初監督作だ。昔あったようなドタバタコメディーだが,映画の冒頭から何これものになってしまっている。
主演の上野樹里はテレビで同じようなキャラクターを演じていた。お約束のキャラクターなのだろうか。木村佳乃はいい味を出しているように思えるが,登場人物全体が極端なステレオタイプの描き方なので際立って良くも見えない。
コメディー映画として致命的なのは,脚本が練られていない事だ。殆ど一発芸のようなギャグばかりで観ていて痛々しい。映画の中盤がだらだらとしているので中弛みも半端じゃない。岸谷五朗氏は映画作品を仕上げるまでにはまだまだと言わざるを得ない。とはいうものの非常にライトに鑑賞するにはうってつけなので,スクリーンに集中する必要の無い若いカップルのデートムービーとしてはお勧めである。

コメント一覧

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
文字色
アイコン
アイコン一覧
削除キー
公開設定

Content-type: text/plain