記事一覧

人間的に酷く,科学的に無知の人の典型?

アイコン

朝日新聞に信じられない出来事についての投書が載っているのを見かけた。
投書の方の住んでいる地区に「いわきナンバー」の車が駐車しており,その周辺の住民から自治会長の所に「自動車が汚染されているから,早くよそに移してほしい」との苦情があったということだ。

苦情を言った人は人間的に恥ずかしいし,科学的に無知だ。

理不尽な事件

アイコン

大阪のパチンコ店放火事件。
理不尽な事件だ。秋葉原の事件は両刃ナイフの法的規制で場をしのいだが,ガソリンは規制するわけにはいかない。法的規制など所詮限界があるものだ。

尚,怪我をされた方のご回復と亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

羽越線いなほ脱線事故(その3)

アイコン

羽越線運転再開。
以下の対策を取ると言う事。
(1)脱線現場の砂越―北余目間に風速計を3カ所増設
(2)砂越―北余目間は時速45キロの徐行運転(3)風速20メートルで時速25キロに速度規制、風速25メートルで運転中止
(4)風速計と連動して列車を停止させる特殊信号発光機の設置―などの対策を講じる。

やらないよりはやった方か良いと言う対策に過ぎない。むしろ,不意な突風(ダウンバースト,竜巻)を発生する可能性のある積乱雲を補足する方が余程科学的だと思う。不必要な減速や運転中止が無くなり利用者の利便が増す。
風速15メートルの風しかない時に突然風速50メートルの風が吹いたらまた脱線する。

第二最上川鉄橋と、その周辺に計約2.3キロの部分に防風柵を作るそうだが,他の場所は設置の必要は無いのだろうか。そもそもここに防風柵を作る事自体科学的根拠が乏しい。同じ場所で同じ事故が起きればそれはそれで大問題となるだろうから,仕方が無いことか。

2006年01月19日(木)00:31 この記事のURL ニュース コメント(0) トラックバック(0) つんちゃん(管理者)
男達の大和 その2

>最後に残念だったのは仲代さんの敬礼であり私はかなりぶっ飛んでしまった。おそらく仲代さんは陸軍軍人の役しか演じた事が無いのだろう。

と前に言ったが,よく考えてみるとやはりおかしい。
仲代さんはそのとき着帽していなかったので挙手の敬礼はそもそもおかしい。

2006年01月15日(日)13:21 この記事のURL 映画・DVD コメント(0) トラックバック(0) つんちゃん(管理者)
雨降り

久しぶりの雨降りの天候。雪融けてくれないかな…無理か。

2006年01月14日(土)19:44 この記事のURL 日記 コメント(0) トラックバック(0) つんちゃん(管理者)
家のPCデスクトップ変更(その後)

浴槽を思いっきりレトロチックにタイル張りにして,蛇口も書き直した。
懸案のお湯の描き方だが,やっぱりある程度透き通っていなければおかしいし,若干裸が見えるのは止むを得まい。そういうわけでお湯の透明度を一律ではなく深い部分を多めに透明度を下げる事にした。おっぱい丸見えになってしまったので観たくない人は見ないように。

CGのコーナーに置いてありますのでより圧縮度の低いイラストが見たいという奇特な方はキャラリールームにおいてあります。

2006年01月13日(金)13:43 この記事のURL イラスト コメント(0) トラックバック(0) つんちゃん(管理者)
肌の潤いにコラーゲンを食す

テレビで肌の潤いを保つためにコラーゲンが豊富な食物を食べようというのが良く出てくる。
ここで,良く考えよう。動物はコラーゲンのようなたんぱく質を直接吸収しているのか?
もう気が付いた方も多いと思うが,たんぱく質はアミノ酸に一旦分解されてから吸収される。つまり,コラーゲンの材料として摂る食物にコラーゲンが含まれていなくとも良いのである。
これは中学の理科程度で説明できる簡単なことである。

2006年01月12日(木)20:33 この記事のURL 科学 コメント(0) トラックバック(0) つんちゃん(管理者)
男達の大和

今日,遅まきながら観てきた。
私の評価はおおむね悪くはなく人に鑑賞を勧めるレベルの作品であると思った。

戦争映画で殆ど語られる事が無かった烹炊所,機銃担当の下士官や兵士を描いておりとても新鮮である。描き方もかなり客観的に戦争の悲壮さを描いている。
ただし,話のX断片的なものの集合と言うべき内容ですこぶる流れが悪い。(話が飛び飛び)この辺は,かなり人によって評価が異なる原因であると予想する。

最後に残念だったのは仲代さんの敬礼であり私はかなりぶっ飛んでしまった。おそらく仲代さんは陸軍軍人の役しか演じた事が無いのだろう。

2006年01月11日(水)20:40 この記事のURL 映画・DVD コメント(0) トラックバック(0) つんちゃん(管理者)
今シーズンの雪

今シーズンの雪は確かに多い。もういい加減にしてくれと言う感じであるが,他の地域はもっとすごいようである。やはり,山形市近辺はもともと雪が少ない地域であると実感する。

2006年01月08日(日)10:38 この記事のURL 日記 コメント(0) トラックバック(0) つんちゃん(管理者)
家のPCデスクトップ変更

久しぶりにCGを描いた。
場面はいつものキャラクターが入浴中のシーンを想定してみた。
元々上手ではなかったが,更に腕が落ちた。せっかく作ったので自分のPCデスクトップをこの絵に変更してみた。一度描いてみたが,考えてみると水中の物は水の外では違って見えなければならない事に気が付いた。あまり水中の部分が縮まないように水の屈折率を実際より少なめに仮定し考えながら下書きしてみた。
出来た絵は何だか,変にエッチっぽい。
水の透明度をかなり下げてみた。

描画使用ソフト PhotoShop7.0

2006年01月07日(土)00:48 この記事のURL イラスト コメント(0) トラックバック(0) つんちゃん(管理者)
ガンダム種運命

キッズステーションで連続放送をしていたガンダム種運命ですが,おじさんにはさっぱり訳わかりません。エンディングでなんとかガンダムに乗るシンが主人公
と思われますが,同僚に何とかガンダムに乗るアスラン?これは誰?悩んでいると何とかガンダムに乗るキラとかいうのが戦場に割って入り戦場は大混乱おじさ
んの頭も大混乱。娘に聞いたらキラは前の話の主人公ということ。何それ?
ガンダム種運命っていろんな種類のガンダムが出ている事はわかりました。

2006年01月02日(月)21:27 この記事のURL コミック・アニメーション コメント(0) トラックバック(0) つんちゃん(管理者)
羽越線いなほ脱線事故(その2)

近辺の被害箇所はほぼ直線状に並んでいる事から積乱雲のダウンバーストと言うよりは,積乱雲によって生じた竜巻の可能性が高いと思う。竜巻が原因だとすると,積乱雲,寒冷前線が通過する時は電車を運休すると言う対策が考えられるが現実的では無いことは明らかだ。雷雲を伴う積乱雲を察知して徐行運転するなどの対策も考えられる。何れにしてもお金がかかることは間違いないが,JRはどういった対策を取るかは原因の追究によるところは大きいが注目してみようと思う。

2006年01月01日(日)16:56 この記事のURL ニュース コメント(0) トラックバック(0) つんちゃん(管理者)
謹賀新年

今年は良い年でありますように。

2006年01月01日(日)00:49 この記事のURL 日記 コメント(0) トラックバック(0) つんちゃん(管理者)

羽越線いなほ脱線事故(その2)

アイコン

近辺の被害箇所はほぼ直線状に並んでいる事から積乱雲のダウンバーストと言うよりは,積乱雲によって生じた竜巻の可能性が高いと思う。竜巻が原因だとすると,積乱雲,寒冷前線が通過する時は電車を運休すると言う対策が考えられるが現実的では無いことは明らかだ。雷雲を伴う積乱雲を察知して徐行運転するなどの対策も考えられる。何れにしてもお金がかかることは間違いないが,JRはどういった対策を取るかは原因の追究によるところは大きいが注目してみようと思う。

羽越線いなほ脱線事故

アイコン

地元でこのような大惨事が起きるとは思いませんでした。犠牲者のご冥福をお祈りいたします。
あんな,重い車両が風で飛ばされるとは,事故当時,付近で雷が鳴っていたと言うことからして,積乱雲の発生は間違いなく,もしかして竜巻が発生したのかもしれません。

地震雲とサイエンスリテラシー

アイコン

ここ数日Y!科学-地球科学カテ掲示板への書き込みは,極々普通の雲をテレビのでたらめ番組を参考に地震雲と断定したり,”気持ち悪い”,”不気味”等の個人の主観をもって地震雲と断定した書き込みであり,当然の反応としてごく常識的な反論が多数寄せられました。
地震雲の目撃報告及び撮影のレスは日本人のサイエンスリテラシーの欠如を表していることが良くわかると思います。そして更に致命的に大きな問題なのはマスコミ(新聞,テレビ等)自体のサイエンスリテラシーの欠如ではないでしょうか。マスコミのお陰で地震雲,マイナスイオンなどトンデモと断定しても過言ではないものが(同じくサイエンスリテラシーに欠く)一般人の記憶にしっかりと変な形で焼き付けられてしまったのではないかと思います。
科学の掲示板にてある一部分の正誤に対しての指摘,議論ではなく,ほぼ100%誤りであるという指摘しかないカテゴリーは非常に悲しい状況ではないかと思います。(地震雲が極めて存在が疑わしい事象である事が原因なのですが)
中学,高校の科学を将来社会に旅立った時の役に立つ学問として認識されず,中学,高校のその場限りでの学問になっているのかもしれません。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
Content-type: text/plain