記事一覧

長崎紀行(軍艦島6)

アイコン

さらば軍艦島
アップロードファイル 598-1.jpg
伊王島大橋
アップロードファイル 598-2.jpg
三菱重工長崎造船所
アップロードファイル 598-3.jpg
伊王島(白い建物は聖ミカエル天主堂)
アップロードファイル 598-4.jpg

妻のラップトップPCが異様に遅い

アイコン

妻のラップトップPC(日本名:ノートパソコン)が異様に遅いと言うことを以前から聞いていた。2005年にインターネットのやり取りしかしないから別に高速のPCでなくても良いからということで購入した。私は自分のPCにはうるさいが例え家族であろうが他人のPCには興味が無い。妻の部屋で机の上にあるPCの表面を撫でながら妻と馬鹿話していたらふと気がついた。PCの表面に256MB,最大1280MBメモリーというシールが張ってあった。インターネットでこの機種を調べるとビデオメモリーをメインメモリーから64MB拝借しているので実質192MBしかメインメモリーが無いことになる。私はインターネットでこの機種合う1GBのS.O.DIMMを注文して取り付けた。当然劇的に早くなった。ちなみに私はメインPCが8GBでサブPCが4GBのメモリーを入れている。メインPCはもう少しメモリーが欲しいところであるがまあ我慢できるレベルだ。(当然Vista64bit版を使っている)

古いPCが再び活躍し始めた

アイコン

新しいPCにWindows Vista 64bit版を導入してから,古いPCの利用頻度が増えた。一応,新しいPCもWindows XP 32bit版とWindows Vista 64bit版の二重ブートなのだがいちいち切り替えるのが面倒くさい。それならばと二重ブートの変わりに古いPCの再活用を始める事にした。古いPCとは言え,メモリーは最大の4GBを搭載しているし,CPUもXeonの3GHzであり,まだまだ十分なスペックだ。新しいPC導入時,どさくさに紛れてオークションのCPUを2.4GHzから3.0GHzのものと交換しているのが更に幸いしている。DVDの処理はこちらのPCのほうがむしろ速い。
と言うわけでVista 64bit版のPCの使い勝手は良くなった。テレビのキャプチャー,イメージスキャナー等Vista 64bit版では動かないのだが,そういう処理は古いPCにお任せとなるわけである。

まだまだ敷居の高いWindows Vista 64Bit版

アイコン

そろそろ32BitOSの限界を感じている私は,とうとうWindows Vista Ultimateアップグレード版を購入した。5000円キャッシュバックの魅力に負けて購入した訳であるが,キャッシュバックの手続きの最後の方に納品書が必要な事がわかった。アマゾンの納品書を探したが既に箱ごと処分されていた。orz
気を取り直しいろいろ使ってみると,まあWindows Vista 64Bit版はMicrosoftが自信を持って販売しているだけにかなり使えるレベルである事が判る。PhotoShopCS4をインストールしてみたが,4GBのメモリー環境で有るにも関わらずアプリケーションには最大3.4GBのメモリーを割り当てられるのでPhotoShop使いには嬉しい仕様だ。ファイル読み込みの時にディスクアクセスが果てしなく続く32Bit環境に比べれば雲泥の差だ。もちろん4GBのメモリー環境ではたかが知れているが,メモリー拡張で容易く操作が早くなるのが期待できるのは嬉しい。
PhotoShopCS4は32Bit版と64Bit版の二つがインストールされるが,32Bit版をインストールしてもアプリケーションは3.2GBものメモリーを使用できるようになるのだ。64Bit版万歳!と言いたくなるところであるが,ドライバーを更新しようとちまちま操作していたのだが,EPSONのフラッドベッドスキャナーがVistaの64Bit版に対応していない事に気が付いた。(Vista32Bit版には対応しているのではあるが)丁度私がWindows2000を使い始めようと思った時とそっくりである。その時は,Windows95とNTを併用している時で必要に応じて切り替えていたため非常に面倒であった。何故NTを使っていたのかと言えば,その事既にPentiumIIIのDual Processorを使っていたからである。Windows2000は95の使用を止めようと思うほど魅力的であった。当時,問題になったのはEPSONのフラッドベッドスキャナーがWindows2000に対応していなかったのである。その時はどうしようかと思ったが,結局スキャナーを買い換えた。(痛かった)今回も買い換えなければならないのだろうか。今持っているもの(GT-7600S <-SCSI)と同等なものは既に最低スペックのもので間に合うようで一万円出せばおつりが来そうである。
現在WindowsXP Proを使っているがいっそのことそちらもVista32Bit版にアップグレードしようかと考えるが,ディスク容量を増やさないとアップグレード出来ないようである。500GB二個のMirror構成を1TB二個のMirror構成にするためには二万円くらい投資しなければならない。
テレビのキャプチャー機器(アナログ)も対応していないようであるがこれはフェードアウトか?
全くPCとはお金がかかるものである。

「Core i7」発売で深夜イベント!

アイコン

アキバ総研の記事から
http://akiba.kakaku.com/pc/0811/13/140000.php
インテルから“Core i7”という新プロセッサーがいよいよ一般に発売されるらしい。古谷徹氏のトークショーなどの企画があるようだ。停滞し熟成しつつあるPC市場の活性化を図りたいようだ。

CPUのクロックアップによる高速化は既に限界にきており,今回は,マルチコアを一つのダイに組み込みメモリーコントローラーも取り込みアクセスの高速化が行なわれている。

残念ながらXeon使いの私は興味が湧かないイベントだ。

最近のPCはCPUあたりのメモリー容量の限界が露呈していると思う。私のPCは4GBのメモリーを積んでいる。実質使えるのは3GBであるので,フルにCPUが稼動した場合,単純にCPU一つで3/8GBのメモリーが使える計算になる。実際に稼動するCPUは通常1~2個であるのでメモリーに余裕があるようだが,32BitOSを使っている現状では実際は既に限界に来ている。64BitOSに変更しメモリーを6GBに拡張すればPhotoShopが快適に使えるようになるのは間違いないであろう。
来年の目標はWindowsの64Bit版購入にしてみようと思う。

新PCの実力

アイコン

前回は,Shade7.5,10のレンダリング特性の違いを考えました。今回はPCを新しくした効果を検証してみます。
古いPCにはShade10がありませんのでShade7.5で前回と同じファイルを同じ条件でレンダリングしてみました。旧PCはXeon2.40GHz(533)です。

スレッド数 所要時間(秒)
      XeonE5430(2.66GHz) Xeon2.40(533)
        新PC    旧PC(HT Off)旧PC(HT On)
  8     94
  7     91
  6     88
  5     80
  4     71              262
  3     70              255
  2     92       291    267
  1    165       520    482

クロックの違いを考慮したとしても圧倒的なスピードの違いです。
尚,今回延命措置でオークションで手に入れたXeon3.06GHz(533)に換装しましたのでその値も載せます。クロック周波数は新PCをしのいでいますが結果は思ったとおり散々でした。ちなみに落札価格は4,400円です。

スレッド数 所要時間(秒)
      XeonE5430(2.66GHz) Xeon3.06(533)
        新PC    旧PC(HT Off)旧PC(HT On)
  8     94
  7     91
  6     88
  5     80
  4     71              233
  3     70              220
  2     92       223    219
  1    165       391    390

この結果,仮に中古でも未だに高価な最大クロックの3.20(533)に換装しても殆んど金銭の無駄になってしまうことが予想できます。

新PCですが,マルチプロセッサを効率よく扱えるソフトウエアの場合,CPU自体のスピードと8個ものCPUによって圧倒的なパフォーマンスを発揮する可能性があることがわかりました。

Shade

アイコン

私の手持ちのShadeは殆んど使わないという理由でバージョンは7.5で止まっていた。しかし,今回最新バージョンのShade10にバージョンアップすることにした。

理由は二つある。イーフロンティアから,Shade11以降からはバージョンアップの対象は二つ前のバージョンまでというメールが届いていたこと。
もう一つは,最近購入したDualQuadCoreXeonのPCの性能チェックをするためにShade7.5を使ってみた事で,これが一番の引き金だ。
性能チェックで使ったファイルはロックがかかった遥か昔のテライユキの背景つき3Dデータである。おそらくShadeのもっと前のバージョン対応で売られていたものだろう,手指の形が異様に不自然でしわが目立つ今では出来損ないに近いものだ。
レンダリング時間を長くするためレンダリングサイズを1000*1200とした。
アップロードファイル 151-1.jpg
スレッド数 所要時間(秒)
  8     94
  7     91
  6     88
  5     80
  4     71
  3     70
  2     92
  1    165
結果を見てもらえばよくわかるが,新規のPCはCPUの数は8個ある。レンダリングのスレッド数の最大値が最速値ではなかった。何とスレッド数3が最速であった。最近のPCはCore2Quadが当たり前という世の中になっているにも関わらず最速レンダリングが3スレッドという結果は問題だ。要するにShade7.5は最近のマルチコアによるPCのパフォーマンスアップというトレンドから外れてしまった古い製品なのである。元々複数スレッドの割り振りが不完全であったのであろう。

Shade10が届き同じデータをレンダリングしてみたら,全体的に色が変で色が付かないものも多かった。髪の毛などは北欧系である。
アップロードファイル 151-2.jpg
一度Shade7.5で取り込んでセーブし直したファイルをShade10に読み込むと正しい発色になった。おそらく元データのファイル構成が古すぎたShadeで作られたのが原因だと思われる。レンダリング試験の結果,1~3スレッドはShade7.5の方が速かったが,スレッド数を大きくするにつれて高速になり8スレッドは描画速度が最大になった。
スレッド数 所要時間(秒)
  8     37
  7     46
  6     51
  5     58
  4     68
  3     87
  2    125
  1    218

トラックバック一覧

  • Shade from つんちゃんのブログ (07/24 21:41)

NEW PC

アイコン

業務用サーバーのようにファンが異様にうるさいため当面の間,SyprumProから外したFanを取り付けてみた。
非常に静かになった。

NEW PC

アイコン

USER SIDE PCDBRX-555 新メインマシン
CPU                   Intel Xeon E5430 Quad Core 2.66GHz Dual Processor
Mother Board            Supermicro X7DAL-E+
Memory size             4GB(1G*4)(注1
Disk                   500GB(S-ATA RAID1)*4(500GB Array2個)  Video Graphic Adapter      ELS-GD785-256ERGT2(NVIDIA GE Force 8500 GT)
その他                  BD(SATA),Scanner,Printer
OS                    WindowsXP Professional
ディスプレー               三菱電機 RDT241W 24.1インチLCD Display

・32bitPCI 空き 2
・64bitPCI REX-PCI30LHU (32bitPCIカード)
Adaptec 1420SA S-ATA RAID Adapter

新しいPCが届いた

アイコン

USER SIDEに発注をかけていた新しいPCが届きました。
アップロードファイル 147-1.jpg
私のカスタマイズした構成ではうまく動かず,USER SIDEのテストチームが苦労したようです。
古いPCからの環境,ソフト,ファイルの移行はAOSのパソコン引越し3.0PROを使いました。このソフトははっきり言ってお勧めです。
http://www.finaldata.jp/PCmover/index.html?gclid=CILQ0oa_05QCFRRnegodj2InkQ

QuadCoreのDualだとタスクマネージャーがにぎやかです。
アップロードファイル 147-2.jpg

ページ移動

Content-type: text/plain