記事一覧

映画「宇宙人ポール」

アイコン

こういう映画は「E.T」のオマージュだろうと予想はできます。しかしながら実際は各所に話の流れを損なわず極々自然に散りばめられたオマージュの数々に嬉しさと喜びを感じます。その上映画が観ていて面白いと来ます。もう何も言う事はありません。
お薦め:全ての人。

映画「恋の罪」

アイコン

私のいる地方ではこのような映画は遅れてひっそりと上映するのですが,確かに遅れて上映はしましたが,一番大きいスクリーンで堂々と上映していました。映画の評判が既に皆に知れ渡っているということで入りも悪くありません。園子温監督の前作「冷たい熱帯魚」はずっしりとしたてとても後味が悪~いすばらしい作品でしたが,今回も期待に応えるすばらしい作品でした。
とにかく主要三人の女優さん(プラスお婆さん役)のすばらしい演技でそれを引き出す監督の演出力の力量を感じざるを得ません。惜しむべくは18禁作品であることでしょう。

映画「海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバンTHE MOVIE」

アイコン

例によって特撮物のテレビシリーズは一切見ていません。今回の「海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバンTHE MOVIE」はかなり楽しめました。おそらく親子で楽しめた人が多かったと思います。物語の回収もしっかりと行っていて作り込みの丁寧さを感じます。特撮に思い入れのある人は泣き出すかもしれません。「宇宙刑事ギャバン」は既に私も大学生で多くは見ていませんが,変身シーンがやたらと凝っていたように記憶しています。今回は変身シーンとアクションシーンのスーツの落差が無く,常にキラキラしていました。戦隊のシルバーより光っていました。
下らない映画を観ないでこれを子供と一緒にこれを観るのがお薦めです。

映画「マジック・ツリーハウス」

アイコン

有名な原作のアニメ化ですが,見た感想として日本アニメの悪いところが気になってあまり乗れなかったです。無難にはまとめているように思いますが内容が浅く,物語もダイジェスト感を拭い切れないままの中途半端な内容でした。子供向けの映画でしょうが親御さん達は少々物足りない作品と感じたと思います。
主人公の吹き替えを演じているのが北川景子です。いつもの棒読みテンションが弱くなり良かった部類です。主人公の妹に芦田愛菜を起用するなど人気便乗の疑問のキャスティングです。実写はともかく吹き替えは合わないと思いました。
「マジック・ツリーハウス」の映像化作品を観たいと感じる方にお薦めです。

映画「マイウェイ 12,000キロの真実」

アイコン

TBS RADIO ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフルのコーナーにザ・シネマハスラーというコーナーがあります。公開中の話題の映画,マイナーな映画を6つピックアップし,サイコロで観に行く映画を決めて次の週の放送時まで当たった映画を観てその感想・批評を行うというものです。映画の背景や原作,監督の過去の作品や類似の作品を合わせて評価します。下手な評論家など裸足で逃げ出す全うな企画です。このコーナーで過去韓国映画は非常に評価が高いものが多かったです。事実,外国輸出を考えた映画作りはテレビ作品の延長の邦画と異なりクオリティーは高いという評判です。
私の住んでいる地方は韓国映画は上映が少なく,時期が遅れてしかも上映期間が極端に短く,一日の上映回数も一度しか無いなどスケジュールが合わないのです。韓国人監督の映画はメジャーだった「僕の彼女はサイボーグ」とたまたま観れた「牛の鈴音」ぐらいです。「牛の鈴音」はともかくとして「僕の彼女はサイボーグ」は映画としてはあれまの出来でまともな作品を目にした事はありません。
非常に前置きが長いのですが,今回の映画「マイウェイ 12,000キロの真実」の評価ですが,はっきり言って酷い出来だと思います。主人公二人の憎しみ合う状況から友情を感じ合う状況までに至る描写がお寒い状況で観ていてつらい映画でした。話題の迫力の戦闘シーンも迫力だけでリアリティー不足で不満だらけでした。砲弾が地面に命中して主人公の二人が吹っ飛ばされるところを真上から撮影したシーンは殆どギャグに見えました。
横断幕の文字が左から書いてある,キム・ジュンシク演じる主人公が騒乱罪で強制軍隊入隊の判決。オダギリジョーの演じるもう一人の主人公が別れて一年で大佐で現れます。(大尉でもおかしい。せいぜい士官学校卒業して少尉程度)帝国陸軍なのに長髪のものが大勢います。(ちなみに他の国の軍隊もかなり長い長髪)など杜撰な考証のオンパレードです。歴史的な事実からものすごい歪曲ぶりです。いくら反日思想があるにしろこれ程歴史的事実の歪曲が許されるとは思えません。

映画「劇場版テンペスト3D」

アイコン

映画「劇場版テンペスト3D」を観ました。公開一週目で大丈夫かと思うような観客の入りでした。
この作品をひと言で言うなら「相当に出来の悪い総集編」です。「何で?」と常に観客に思わせる映画です。それ故,話の内容も全編何が何だかさっぱりわかりません。演出もお寒い状態です。主人公の兄の死の場面はテレビシリーズの方がかなりまともな演出でした。(これはテレビドラマを全て観た妻に裏を取りました)こんな内容の映画を3D料金で二時間半近くエンドロールまで完走した私を褒めて欲しいです。はっきり言って観るのがつらい映画でした。
この映画は映画化する意味どころか3D化の意味も全く見出せない作品です。アニメーションの龍がガオーと迫ってくるシーンが何回かありましたがそれを見せるための3D化なのでしょうか。はっきり言って通常のシーンの3D化は画面が非常に観難かったです。3D映画化ならではの何かが足りません。例えばGACKTの舌がビロロロ~~~ンと伸びてエロエロ~~~ンと舐めシーンが全編に散りばめられていたら今年最高のトリップムービーになったでしょう。
この作品の映画化によって誰か得する人がいるのでしょうか。去年の「セカンドバージン」に匹敵するNHKの迷走作品といいたいところですが,オリジナルはテレビドラマですが,それから起こした映画の製作をNHKが行っているわけでは無いようです。(角川映画?)
GACKTファンのみにお薦めする映画です。

髪の毛食べて髪が生えるか

アイコン

テレビを見ていたら"コラーゲンを食べても肌がきれいになるわけではない”という説明に「頭が薄い人が『髪の毛食べて髪が生えるか』」という趣旨の発言をしていた。ものすごくインパクトがある上に的を射ている例えだ。

Content-type: text/plain