記事一覧

映画「のだめカンタービレ 最終楽章 後編 」

アイコン

一言。普通の映画ファンは観てはいけない。地雷を踏むのは間違いないから。テレビの最終回を有料にして映画館で上映するというテレビ局の作戦はどの局も概ね成功している。広告収入が減り,ロケを伴う番組作成が大変な時代テレビ局の論理としては仕方が無い面がある。一方,映画好きの間では不評である。映画化することによるスケール感に乏しい作品ばかりで不満も言いたくなるのはこれもいた仕方が無い。Yahoo!映画の高評価もいつものことである。今回「のだめカンタービレ」はあろう事か有料最終回を前後編に分割することになった。そのため前編はまだ映画として許せるぎりぎりのレベルだったのが後編は大したドラマも無い起承転結の起伏が感じられない薄っぺらな“結結結結”映画になってしまった。この映画を観ると最近の凡作映画が“映画らしかった”と思えるようになる。
普通の映画ファンには決してお勧めできない。原作ファンにも微妙なところ。テレビシリーズのファンにはお勧めする。

Content-type: text/plain