記事一覧

映画「劇場版マクロスF~イツワリノウタヒメ~」

アイコン

観ているうちに目がくらくらしてくる内容だ。いい加減ありえない髪の色,目の色など止めないと日本のアニメーションは駄目になってしまうのではないかと思う。「サマーウオーズ」や「マイマイ新子の千年の魔法」のような真っ当な映画が何よりの救いか。
全編通じて訳がわからないシーンの連続で間に気持ち悪い女性キャラクターの歌唱シーンが挿入される。話も何にも無いゴウモンのようなシーンの連続が終わり,最後に予告編と続きがあるのか?という信じられない結末。どこかヤマトと通じるものがある。ヤマトの方がありえない人物がいないだけましか。
こういうアニメ系の作品が好きな人にはお勧めだ。

映画「コララインとボタンの魔女 3D」

アイコン

人形アニメで二癖もある主人公キャラの造詣だが,数分で違和感が無くなるなかなか良いデザインだ。話の内容にも適合した作りだ。使い古されたオーソドックスな話の骨格だが物語りの持って行き方にうまさがあるので退屈しない。子供向けのストーリーだがむしろ悪意の演出は大人向けだ。
総じて,お金を払って観てその分だけ楽しめるとは実に公平な作品だと思う。殆どの人にお勧めでできる映画だ。

映画「サロゲート」

アイコン

上映時間は短いし,映画のテーマもわかりやすく観ていて楽しい。そこそここじんまりまとまった内容作品でそれ自体は好感を持つ。B級映画の良いところ満載なのも良い点だ。ただし,良いアイディアをうっかり安売りしてしまった感があり,残念ながら後に残らない作品担ったと思う。
物語りもサスペンスタッチで観ている人を飽きさせる事は無い。さすが“ブルース・ウィリス”力画面を支配する力はさすがだ。凡作の表面を磨いて綺麗にみせるのに貢献している。
エンターテイメント作品としては及第点なのでお勧めする映画である。

映画「食堂かたつむり」

アイコン

この映画の富永監督も原作を読みこのまま映画にしたらとんでもないことになるのがわかったのか冒頭から写真の切絵芝居で始まる。しかし,そのダサさは去年に上映された本広監督の「曲がれ!スプーン」に通じるものがあり,観ている人を不安な気持ちにさせるのに十分な演出であった。勿論,映画の内容も観ている人がこの映画に対して序盤に描いた不安感に十分応えた作品に仕上がっている。劇中でうんこのようなスープが登場するがこの映画はうんこのような映画になってしまっている。登場人物の人間関係のありえなさ希薄さはともかく最初の主人公の設定さえ観ている人を不快にさせる。本当に変だ。主人公の都合が良いように散文的なそれぞれがつながりの無いエピソードが続きフィナーレを迎える。
私の家では昔,鶏を飼っていた。卵を産まなくなった鶏を家でつぶすのは当たり前,近所の家は兎も飼っていた。それ故,飼っている豚を食べること自体は私は悪いとも思えないし,何の抵抗も無い。しかし,この映画で擬人化されて心の会話をしていた豚が最後は普通の豚になると言う都合の良さは気分が悪い。死んだ鳩の処理は笑えるシーンかもしれない。もし,犬や猫だったらどうするのであろうか。
映画でゲンナリした私は何を思ったのか原作本を読んでしまった。ベストセラーが必ずしも良い作品と言えないひどい文章と表現の連続で再びげんなりしてしまった。
そもそも,主人公の出生の秘密も声が出なくなった理由,主人公が料理が上手な理由,主人公の作った料理を食べた効果,最後に声が出るようになった理由など全てが勝手に著者が編み出した変な理由から生じたものでまったく必然性が無い事である。
とにかく,原作が相当ひどく,それを元にした映画も相当ひどいできである。自己をきちんと確立した人が怖さ見た半分で鑑賞すべき映画だ。

映画「ゴールデンスランバー」

アイコン

はっきり言って期待はずれのサスペンスだ。
予告編で面白そうだと思って観に行った私が馬鹿だった。国家的陰謀にしては住宅街でショットガンは撃つは,一般の警官は撃たれるは証拠はたくさんの関係者に残るは,その目撃者もそのままだしで現代で国家的陰謀がいかに不可能に近いものかこの映画を観ると良くわかる。
演じている俳優陣は検討しており,全体的なありえなさを除外して主人公が逃げ惑う内容は退屈はしない。だた,香川さん出すぎ。いい加減役者の演技に頼る映画作りは考えた方が良い。
去年の重力ピエロに続く仙台ロケだが,残念ながら仙台の良さが伝わらない。別にどこでも良い感じだ。
ありすぎる矛盾点を全て許せるような寛容な方にお勧めできる映画だ。

映画「交渉人 THE MOVIE タイムリミット 高度10000mの頭脳戦」

アイコン

まず,お断りしておかなければならないのだが私が観た映画館だけの話かもしれないが,殆どのシーンのピントが甘くないだろうか。悪く言えばアナログテレビの画面を見ているような気がした。
話は退屈しない。本筋の他にの事柄がそれぞれ薄っぺらに流れていく有様は退屈はしない。むしろ,無くても良いのでは無いかと思う。心臓病の話なんて不要だ。終盤撃たれて苦しんでいるのか心臓で苦しんでいるのかわからなかった。ステレオタイプの悪徳政治家の描写も全く説得力が無い。はっきり言って漫画だ。
結論的にはこれがテレビスペシャルだったら文句を言う人は減るだろう。

映画「ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ」

アイコン

人気テレビシリーズの映画化でこの映画の評価もYahoo!映画の評価では非常に高くなっている。テレビから流れて来た人たちがテレビの乗りが映画館で再現されているのを喜んでいる姿が想像できる。今回は初日の一回目の鑑賞だった。
私の感想は盛り上がらない画面に“ドカーン,ガシャーン,バキバキーン”という映画館レベルの大きい音の効果音的BGMを乗せただけの私にとって苦痛を与えるだけの映画になっている。カメラワークも単調でテレビシリーズ以上の効果も無い。セット撮影が中心なので短い撮影期間で安く作れる映画は,昨今の広告収入が減ったテレビ業界にはまさに救世主だ。この程度の内容をお金を取る映画で上映するのはある意味仕方が無い。メインテーマが流れ主要登場人物紹介のオープニングが流れるが,戸田恵梨香のところこの映画のナオというキャラクターとあまりにもかけ離れた格好&ポーズで脱力した。
原作が漫画でテレビドラマにするだけならそのまま映像化しても構わないと思うが,映画にするとやはり上等と言えない物になる。
脚本は観衆をあっと驚かす展開にすることばかり考えているのか,逆に観ている人が先読みしやすい展開になってしまっている。テレビなら許されるのだが,どっこい映画を観る人は相当に集中しているので展開が見えてしまうのである。伏線の張り方もこれは伏線だと堂々と描いているのにも関わらず何を描写したいのが良くわからないという謎の伏線もある。言っても無駄だろうが言葉で全て状況説明してしまうものいかがなものであろうか。
映画を観に行く人たちも少なくとも日本は本当の映画を見に行こうという人たちは少なくなった。

原作,テレビシリーズのファン限定にはお勧めの作品だろう。

Content-type: text/plain