記事一覧

映画「なくもんか」

アイコン

阿部サダヲさん主演のコメディー映画。いつも通りの阿部サダヲさんの濃~い演技で引いてしまう人にはきつい映画かもしれない。それ程今回も阿部サダヲの演技はハイテンションだ。しかしながら,特に妻役の竹内結子さんの迫力ある演技が暴走気味の主人公をサポートし,しかも存在感がある。周囲の俳優,子役も申し分ない。加藤清史郎君もしっかり出演している。
さて,俳優陣はしっかりしているが内容はどうだろう。私は脚本に問題があると言わざるを得ない。私が製作者なら,この脚本ではGOサインは出さないであろう。その理由の大きな点は小さい取るに足らない伏線も回収する気が無いシーンがてんこ盛りな事だ。そんなことよりももっと主人公周辺を掘り下げる必要があるのではないかと思う。
主人公が下着姿で走り回るのと演出的には最後の漫才シーンは何とかならなかったのであろうか。私は相当“薄ら寒かった”。元々私は阿部サダヲさんの演技自体が“薄ら寒い”と感じているが。
最後,エンドクレジットで監督名が中央で止まるのはアレな作品だと言われているが少々それ気味になってしまったかもしれない。
尺の長さ以外致命的な問題も無いが喜劇にしては泣ける要素が欠如しているように思える。それ程ひどくは無いので飽きずに観ることは出来ると思うし,鑑賞はお勧めはする作品だ。

Content-type: text/plain