記事一覧

映画「テイルズ オブ ヴェスペリア ~The First Strike~」

アイコン

一言,話が良くわからない,消化不良を起こすダメ作品だった。
まず,脚本が悪い。主人公,二人がどういうキャラクターで二人の間に何があったか良くわからなかった。終盤に向けて少しづと語られてはいるが私のような一見さんには説明不足に感じる。物語中盤の冗長な部分を削ってでも描いて欲しかった。金髪の少年が帝国本部(変な表現?)に増援を頼んだが即時増援は断られてしまったという事を帰って早く報告すべきところを(私にとって)正体不明のピンクの髪の女の子とのんきに話をしているなんて正気の沙汰ではない,一刻を争う時なのではないだろうか。この辺は,何やってるんだろうと思いながらものすご~く眠くなった。隣のおっさんは序盤ポップコーンをむさぼり食いしていたのに静かになっているなと
思ったら寝ていた。気持ちは痛いほどわかりる。結局,ピンクの髪の女の子は結局この物語には全然関係なかった。orz
遺跡のシーンも迫力不足,なんだかだらだら全員突撃で退屈だった。隊長以外,キャラクターにあまり魅力を感じなかった。何で登場する若者騎士はベテラン騎士に比べ背があんなに低いのが不思議に思う。
責任者:監督,脚本,演出

映画「笑う警官」

ひとこと,結構ダメ作品だ。台詞の応酬で強引に話を進めるという私が一番嫌うところの作品になってしまっている。(事件は勝手に進むんですってか)期待していただけあって,非常に残念だった。
私が思うに,独りよがりで陳腐な演出,変な脚本で出演者もさぞかし混乱していただろう。単なる駄作というよりは珍作だと思う。
責任者:監督,脚本,演出

映画「ゼロの焦点」

映画「ゼロの焦点」
ひとこと,相当ダメ作品だ。全然主要キャラクターが立っていない。三人の女性達をを引き立てる周囲の人たちも非常に希薄な表現だ。特に主人公の描写の演出が悪く,それに輪と掛けて,広末涼子の後半の演技があまりにもひどい。(序盤のナレーションで観ている人はぐったりしているのだから追い討ちはやめてほしい)中谷美紀はさすがと言う演技だが,木村多江はまたこういう役ですかモードだ。中谷美紀の狂気の演技に対抗するにはあまりにもお粗末な演技であった。(ぴしゃりと平手打ちするんですから負けない力強さが要求されるはず)
細かい事になるが,昭和三十三年で,確かに蒸気機関車が走っているが汽車の上には何故か架線があり,海岸崖沿いの田舎道は何故か舗装されていて崖はコンクリートで綺麗に固めてある。明らかに変な背景だ。
演出が変にくどい事も目についた。夫の写真を建物の前から少し離れて取り出して見るカットなんてくどいだけだ。観ている観客は驚いたところで既に写真の家だとわかるはず。自分の心情の台詞の言い合い合戦もぐったりさせられた。私自身ハードルを低くして観たせいかそこそこ楽しめてしまったのが悔しい。
久しぶりにエンドロール途中で退席した。(理由はやかましい歌)
広末涼子は声以外の演技は良いと思う今日この頃・・・。
責任者:広末,脚本,監督,演出

Content-type: text/plain