記事一覧

映画「扉をたたく人」

アイコン

アメリカは不法入国者の扱いが911を境に大きく変わったと言う。これを題材にした映画だ。日々の生活を活気無く暮らす大学教授ウォルターがウォルターのアパートにだまされて入居した不法入国者タレク達との触れ合いにより,徐々に人間性を回復していくが,最後にはまた孤独に戻ってしまう。残ったのはタレクに教わったジャンベの演奏だけ。
国家の不条理を描く社会派ドラマのような堅苦しさも無く,主人公ウォルターの行動の変化によりやさしく表現されている。
もう,映画館での上映は無いだろうからDVDにて是非とも鑑賞して欲しい問題作だ。

Content-type: text/plain