記事一覧

映画「私の中のあなた」

アイコン

インターネットによると原作小説とこの映画はラストが大きく異なるらしい。私は映画の方がラストが自然に見える。小説のラストをそのままトレースしても作り物っぽくなり失敗だったろう。
これは,一言お勧めだ。はっきり言って私の壷にはまった。変にお涙頂戴でないところが好感が持てる。この映画の登場人物は(尿検査を急かした看護婦意外)全て良い人である。人の世界がこれ程綺麗に描かれるのは心が洗われる。最初は妹目線から始まるが物語が進むにつれ,姉目線の描写になる。妹が家族を訴えた真の理由が物語の終盤に明らかになる。自分の最後を悟り,逆に(生き残る)母親を慰める(死んでゆく)姉の描写は見事だ。
今年後半のお勧め映画だ。

映画「仏陀再誕」

アイコン

仏陀は輪廻転生を否定する事で仏教が興った。空即是色,色即是空なのである。それを,真っ向から否定する新興宗教が作りそうなトンデモ世界のトンデモ映画だ。ヒロイン萌えを餌にして客寄せをするという志が低いと思われる映画だ。その割には終盤の素のPoserで作ったような気持ち悪いCGの天使が飛ぶシーンは非常にクオリティーが低い。
物語にしても,ところどころにちりばめられる長い説教はうんざりするし,オカルトのようなありえない宗教描写も噴飯ものだ。物語りも突っ込みどころが満載過ぎて批判する気も起きないが,描写のあまりのくだらなさに思わず噴いてしまう人もいるに違いない。Yahoo!映画やgoo映画でのこの作品への好評価する人はいったいどういう映画を観てきた人なんだろうと思う。
こんな作品は時間とお金の無駄で,幸福の科学の信者以外は観ても楽しめないだろう。

Content-type: text/plain