記事一覧

「僕の彼女はサイボーグ」での巨大地震考

アイコン

科学ではなくSF用語として,この映画の場合サイボーグは明らかにおかしい。人型ロボットはアンドロイドと良く呼ばれるが,アンドロイドは男性型でガイノイドは女性型ロボットと言う。つまり,“僕の彼女はガイノイド”が正しい。
この映画は綾瀬はるかのかわいさだけが命で,映画としての評価はあまり高くない。脚本が良くないし,SFとしては設定がめちゃくちゃだ。特撮もしょぼく,全然面白みがない映画であった。しかも,監督が韓国のクァク・ジェヨンというのが原因だろうか,日本を舞台にしているのだが日本とは思えない風情など相当違和感がある。日本人の感覚に合わない嘔吐シーンをギャグにするあたり(一度ではない)ちょっと引いてしまう。主人公の青年も日本人の感覚ではリアリティーが無く,まったく共感できない。青年の少年時代はかなり時代考証が変である。最近20世紀少年が上映されたが,あのくらいの年を経た中年じゃなければ少年時代にあのような田舎の景色はありえないだろうと思う。
さて,科学的考察であるが,映画の中で東京大地震が描かれているのでどこで発生した地震か考えてみることにした。
劇中の時間を測定して,その劇中の実時間とすると辻褄が合わないことが多い。バスケットアニメなど典型だ。スラムダンクのアニメーションでこれをやるとバスケットのコートがサッカー場並の広さが必要になる。この映画でのこの場面はこのような時間的過剰演出はないものと思われるので,今回,実際測定した時間を劇内の時間として使用することにする。
大森公式は初期微動の時間から震源までの距離を求める式である。
震源からの距離dは初期微動継続時間Tに比例するので,

d=kT となる

kは大森係数と呼ばれ,約8(km/s)

劇中で本棚が倒れる巨大な初期微動から,ビルが海岸の砂のお城のように脆く崩れ去るような巨大な本震が来るまで約58秒もかかっています。大森公式で震源までの距離を求めると震源までの距離は何と464kmとなる。これだけ震源との距離があるなら,東京の近くで発生した地震ではなく,ましてや直下型地震ではない。464kmというと新幹線の駅で言うなら米原駅ということになる。実際,震源までの深さを考慮するともっと近い場所になるだろう。
おきた地震が直下型地震なら,震源から464kmも離れた東京があのありさまなら,震央付近の町はほぼ壊滅でありそこを中心に464kmの円内は東京より被害が大きいだろう。震央が米原なら大阪は東京よりひどい有様であろう。直下型地震ではなくプレートの境界で発生した地震なら震央はほぼ海上となる。三重県沖か宮城県沖が震央となると思われる。もう一つは深発地震(沈み込むプレート(スラブ)内で発生する地震)だとすると東日本の太平洋側はこの映画のような被害になる。いずれにしろ東京だけ被害を受ける地震ではないのである。
震度は7までしか規定されていないので震度は7となるのだろうが,鉄筋の建物があのように崩れるのは鉄筋,鉄骨なしの手抜き工事ビルとしか考えられない。もちろん地震による深い地割れも登場した。お約束で主人公が地割れに落ちそうになっていた。実際,地震の地割れに人が落ちてどうのこうのはもちろん都市伝説である。

「Core i7」発売で深夜イベント!

アイコン

アキバ総研の記事から
http://akiba.kakaku.com/pc/0811/13/140000.php
インテルから“Core i7”という新プロセッサーがいよいよ一般に発売されるらしい。古谷徹氏のトークショーなどの企画があるようだ。停滞し熟成しつつあるPC市場の活性化を図りたいようだ。

CPUのクロックアップによる高速化は既に限界にきており,今回は,マルチコアを一つのダイに組み込みメモリーコントローラーも取り込みアクセスの高速化が行なわれている。

残念ながらXeon使いの私は興味が湧かないイベントだ。

最近のPCはCPUあたりのメモリー容量の限界が露呈していると思う。私のPCは4GBのメモリーを積んでいる。実質使えるのは3GBであるので,フルにCPUが稼動した場合,単純にCPU一つで3/8GBのメモリーが使える計算になる。実際に稼動するCPUは通常1~2個であるのでメモリーに余裕があるようだが,32BitOSを使っている現状では実際は既に限界に来ている。64BitOSに変更しメモリーを6GBに拡張すればPhotoShopが快適に使えるようになるのは間違いないであろう。
来年の目標はWindowsの64Bit版購入にしてみようと思う。

Yahoo!掲示板 科学,化学,「マイナスイオン」監視室

アイコン

ssf*200*氏はどうあっても阪大の菊池氏を大嘘つきにしたいようである。

環境リテラシーの欠如 2008/11/ 8 22:28 [ No.1999 / 2004 ]

投稿者 : ssf*200*

>IPCCは政府機関ではなく、科学者のゆるやかな集合体です。1988年の設立時には中立的な組織だったのですが、温室効果ガスの排出削減を目指す地球温暖化防止条約が1992年にできると、≪地球は二酸化炭素で温暖化している≫証拠探しに奔走するようになりました。

>後に非難されたホッケースティック曲線が代表するように、都合のよいデータをオーソライズしたのもIPCC。この本が出版された2005年当時にはすでに、権威筋でありながら、十分な根拠がない報告をまとめた、と温暖化懐疑派から攻撃されていました。

PSJ渋谷研究所Xのエントリ「ウソと間違い」
http://shibuken.seesaa.net/article/109057997.html
菊池氏は次のようなコメントを寄せています。

  「CO2主因説は仮に間違いだったとしても嘘ではない」とい
  うのは、これが特定の個人の主張ではなくて、IPCC4のよう
  な多数の科学者が関与して書かれたレポートの主張だから
  です。個人としては、嘘をついた人もいるかもしれないん
  だけど、科学者集団が議論の結果として出したものなので、
  間違いの可能性はあっても意図的な嘘の可能性は考えなく
  ていい。

ところが、以下のような議論があります。

東京大学先端科学技術研究センターの山口光恒氏:「コスト論議なしの急激な温暖化対策の実施論に対し、理性的検討を経て異議を唱えるのに大変な勇気がいる状況に立ち至っている。まさに宗教一歩手前まで来ている」
http://premium.nikkeibp.co.jp/em/column/yamaguchi/35/index.shtml
(大変な長文。前中後編で構成)

国立極地研究所の藤井理行氏:「地球温暖化にとって人為CO2は大関クラスの原因で、他に横綱クラスの原因があるのではないか」
http://www.nikkeibp.co.jp/style/eco/special/070803_warming4/index.html

東京大学生産技術研究所の沖大幹氏:「CO2さえ削減すればよいように伝えられてしまっています。しかし、こうした報道は、受け手が少し考えてデータを確認すれば、必ずしもそうでない」
http://premium.nikkeibp.co.jp/em/interview/31/index.shtml

3氏ともIPCCの報告書作成に深く関与した科学者ですが、IPCCの姿勢や対策の方向性に疑問を持っています。とくに山口氏は欧州の事情に通じており、IPCC執行部の政治的狙いや恣意的な解釈を憂慮しています。つまり、意図的な嘘の可能性まで考えるべきだということです。

これ以外にも多くの科学者が、IPCC報告書を鵜呑みにしないように警告を発しています。実際はどうか分かりませんが、そうした微妙な状況であることを知らずに(あるいは知っていても配慮せず)、<科学者集団が議論の結果として出したものなので、間違いの可能性はあっても意図的な嘘の可能性は考えなくていい>とは、恐ろしく現実離れした能天気な見方です。

このように環境リテラシーが欠如している大学人が、「と学会」やSFのノリで陰謀論を好み、地球温暖化問題をも語ることは危険です。始めは間違いでも、そのうち嘘に発展する懸念がありますから。

これを読むと,ssf*200*氏は阪大菊池氏があたかも変なことを振りまいているような印象を持つように誘導している。しかし,リンク先を読めば一目瞭然,山口光恒氏,藤井理行氏,沖大幹氏も菊池氏と同様にCO2の地球温暖化への関与を否定せず肯定的な立場を取っている事がわかる。阪大菊池氏を貶めたいばかりにこういった書き方ばかりである。まさしくいいがかりの文章だ。
以前から私はssf*200*氏へ私怨の書き込みは見苦しいと苦言を呈していたが,氏は今でも暴走に明け暮れている。

Content-type: text/plain