記事一覧

自家製ラーメン1号

アイコン

強力粉500g
水200cc
かん水(無水炭酸カリウム)小さじ1
塩(減塩塩)小さじ2

生地が固くて麺帯にならない。追加で少々加水するつもりが多すぎてて生地が柔らかくなりすぎた。

超多加水麺だ~。と言う事でべっとりした生地を冷蔵庫で寝かせる事一晩。翌日麺帯を作るため伸ばし。生地が柔らかすぎて切れてしまう。何とか麺帯にしてカットする。出来た麺は少し柔らかめ。まだ期末テスト中の娘と一緒に試食。やはり少し麺が柔らかい。
はっきり言って不味い。(娘はおいしいと言ってくれたが)幸い二人ともおなかを壊さす娘も翌日元気に登校し期末テストに臨んでくれた。もし,(成績が悪ければ俺の責任じゃ)

自家製ラーメン1号はほぼ失敗。

PCの調子が悪い

アイコン

最近PCの調子がおかしい。
ディスクの読み書き時PCがスローダウンになり最後にハングアップする。立ち上げ時ディスク障害でArrayの一つがDegradedのステータスになる。(Rebuildすると正常にもどる)現在,ディスクは両方とも交換済みになっている。それでも障害が起きるのは何故か。念のためS-ATAのアダプター(Adaptec 1420SA S-ATA RAID Adapter)は秋葉原で既に購入済みであるが。その前にアダプターのBIOS,Device Driver,Storage Managerを更新する事に決定した。

1.バックアップ取得(USBのHDDへ)
2.Device Driver更新
3.バックアップ取得(USBのHDDへ)

ここで何度か立ち上げ直しをするとRAID アダプターのDisk構成がおかしくなってしまった。しかし,それにもかかわらずディスクアクセスは可能であった。2つのアレーを全て片肺にすると二つのアレー共にDegradedと正常の表示になったため,バックアップがあるので気にせず片肺の状態で次の工程に進む。

4.BIOS更新その1(V4.4-1 1104 -->V4.4-1 2015)実施後,稼動確認の実施。
5.BIOS更新その2(V4.4-1 2015 -->V4.4-1 2019)実施後,稼動確認の実施。
6.BIOS更新その3(V4.4-1 2019 -->V5.0-0 2227)実施後,稼動確認の実施。

一気にバージョンを上げなかったのは細心の注意を払うため。
下手するとデータRestoreの可能性が高かった6.(BIOSのVaesionが変わる)の作業も難なく終わる。数回立ち上げなおししてみて問題は見つからなかった。

7.Storage Managerを最新レベルに上げる。

Storage Manager上では二つのArrayともDegradedであり,正常稼動である。
8.起動ドライブのアレーのもう一方のディスクを接続して立ち上げると何故かデスクトップがほぼ立ち上がったところでブルーパニックの画面でメモリーダンプが走ってしまった。接続したディスクを外し立ち上げなおしを行うと正常に立ち上がる。再びディスクをつなげるとブルーパニックになる。(おじさん困ってしまった)
気を取り直しもう一つのArrayのディスクを接続して立ち上げてみる。幸いブルーパニックにならなかったのでStorage ManagerにてこのArrayのRebuildを実施する。500GBのミラーのRebuildは約4時間だと思われるがRebuildをしている間,不埒にもそのパソコンでDVDを再生する行為に走った。もちろんその間寝てしまった。翌朝,RebuildしたArrayがOptimalになり,正常に終わっているのを確認した。立ち上げなおししても問題なし。さあ残った問題は起動ドライブを含むArrayの再構築だ。
9.PCが途中でハングアップすると後に立ち上げた時ArrayのVerifyが流れるのでBIOSでRebuildする事にした。起動ドライブのArrayの片割れのディスクを接続して電源を入れる。Adaptec 1420SA のBIOS画面でCtrl+Aを押し,BIOSのArray Manageで起動ドライブのArrayを選択しRebuildを実施する。3時間20分位でRebuildは正常終了。再起動をかける。BIOS上では二つのArray友Optimalのステータスである。XPのブートが始まり最後にデスクトップが表示される。ブルーパニックにならず正常に立ち上がった。

取り合えずこの状態でしばらく使用する事となる。

皆様への教訓。ミラー構成の場合このようなディスクアダプターのBIOS更新の作業を行う場合は,バックアップ用のディスクを確保しておく事。つまり,普通の3倍(ミラー+バックアップ)の容量が必要である。

Content-type: text/plain