記事一覧

<あるある大事典II>

アイコン

<あるある大事典>
今度はレタスの捏造が話題になっているようである。

捏造かどうかは別にして<あるある大事典>の実験は元々おかしい。たった10人程度の被験者数で効果あるなしを断言することは無謀としか言いようが無い。
また,小学校の理科の実験以下のひどい検証方法も忘れてはいけない。たとえば,実験をする上で,納豆を一日1回食べる,二回食べると条件を変えた二種類の実験をするなら。小学校理科でやった”対照実験”の実験方法を忘れてはいけない。つまり,納豆の食べ方以外の条件はできる限り全て同じでなければならない。体重の増減に関係しそうなのは基礎代謝(年齢),性別,体重,身長,睡眠時間,摂取する全ての食品(納豆以外),飲料物挙げればきりが無い。
<あるある大事典>で問題なのはこの点である。もしかして納豆を2回食べた人たちはローカロリー食または絶食状態であったのかもしれない。テレビでこの点は一切触れられていないので,捏造以前にごまかしはまかり通っていたのかもしれない。

極端な事を言えば<あるある大事典>の実験を信じた視聴者は小学校の理科からやり直した方が良いとなってしまうのである。

Content-type: text/plain