記事一覧

日本沈没(続き)

アイコン

恋愛を描くのが苦手な監督が映画で恋愛劇を前面に出してバランスが崩壊した映画といえる。
前作の”日本沈没”とは別作品として割り切ってみるべきであり,単純比較は意味が無い。また,前作がヒットほどの秀作であったとも思えない。ただ,映画としてのバランスは今回よりも遥かに上だ。
全ての原因は小野寺と玲子の真に薄っぺらな恋愛描写を前面に押し出したためと考える。前作の小野寺と玲子の恋愛の描き方もはっきり言って下手だと思う。しかし,それがあまり気にならないのは,恋愛自体を映画前面に出していないからだと思う。
もう一つ致命的なのは主人公小野寺の心理描写が唐突過ぎて,観客が共感できない事である。
小野寺,玲子より田所博士,鷹森大臣を主役にして日本を救う映画にすれば良かったと思う。
ステレオタイプの性格描写はアニメ出身監督の性か
?まあ許容レベルではあるが。

Content-type: text/plain